shop & event

店と催し 雨露

【本で旅する「旅本屋」特別編集 10人の「私が旅に出る理由」】「京ころも久住」 店主 飛田野央美さん 編

「旅で人や場所と出会うことが、次の旅へと導いてくれる」

行きたいなと思えば、それが旅のスタート。旅から戻って1年以内に次の旅に出て、一度出ると3カ月は戻って来ない、そんな時期もありました。旅先で現地の人と出会って、その土地のことを知って、じゃあ次はこんな旅を―。そうやって旅が旅につながることが多いですね。いろいろな国に行きましたが、思い出に残っているのはサハラ砂漠。標識も目印もない。今歩いた道も振り返るとすぐに砂で消えてしまう。砂しかないところを砂漠の民がラクダで、キャンプサイトまで連れていってくれました。どうやって目的地が分かるのか(笑)。滞在は短い日数でしたけど、砂漠の民の時間の感覚や火の使い方など、彼らの生活にとても興味がわきました。

 

「京ころも久住」店主
飛田野央美さん
オーストラリア・パースへの語学留学の後、いろいろな人との出会いを求め、訪ねた国は20カ国以上。看護士の資格を持ち、ヨガインストラクターや金継ぎ講師の顔も持つ。

京ころも久住
江戸時代から受け継ぐ職人の技を大切にし、手描友禅染の着物や和小物、新しい和の衣スタイルやコーディネートを提案してくれるお誂えの店。
京都市中京区二条新町715
https://www.hisazumi.co.jp