shop & event

店と催し 雨露

【オープン!オープンデイ便り その19 HON DESIGNさん】

外出自粛でブックカバーチャレンジ、流行っていますね。

いろんな人がいろんな本を紹介していて、「この人、こんな本が好きなんだ」とか発見があるものです。

その本をデザインする、その名も「HON DESIGN(ホンデザイン)」さん。
本の外側、装丁はもちろん、みなさんが読んでいる中の文章の配置まで、デザインされます。

いちばん外側にあって、本に巻いてあるのは本の“カバー”で、表紙は実はその中にあるのですけど、だいたい、そのカバーに惹かれたり、カバーにさらに巻いてある帯にドキッとしたり。
その本をビジュアルで表現して「私を読んで!」と言うのはカバーの役割だと思いますが、
私は本の“背”も好きです。

本屋さんに行って、平積みしてあったりすると、表紙側のカバーが見えますが、だいたいは本棚に収まっている本が多数。
すごい競争率です。あの膨大な数から、「私を読んで!」というアピール。
ですから、その細い“背”にもデザインがあるのです。魂が宿ってる、は言い過ぎかしら??
でも、そのくらい意志を感じる部分です。

それから中身。本文なんて、文字が並んでるだけ? そんなことありません。
これがイマイチだと、いい話も読みづらい本になります。

一見、シンプルで何気ないところに、どれだけ気を配れるか。

それってどんな仕事でも共通するポイントじゃありませんか。

もちろん、文と編集の杜から出版した、「Untraveled-ニューヨークが、ジャズシンガーにしてくれた-」も、HON DESIGNさんによるデザインです(また宣伝!)。

さまざまな内容の本を3冊、展示させていただいています。
どうぞ、デザインにも注目して、本を読んでみてください、

オープン!オープンデイは、6月1日~14日まで予約制でオープンします。詳しくはこちらに。

(写真・文 ちくしともみ)