shop & event

店と催し 雨露

【本で旅する「旅本屋」特別編集 10人の「私が旅に出る理由」】文と編集の杜 ライター・編集者 ちくしともみ 編

「外国を思い通りに旅できるかどうか、毎回が“力試し”」

 

子どもの頃、家族旅行をしてもナビなどありませんから、道に迷って迷って、ようやく宿についたときには深夜……なんてこともありました。今は親孝行のつもりで両親と家族旅行をします。参加者は気が短い九州人。予定をきっちり決めて、スケジュール通りにいかないと険悪なムードになるので、まるで修学旅行のようです。ほかに、海外旅行にも出かけます。こちらはあまり予定を決めない自由な旅。日本にいると、何をするにも一人で困ることはありませんが、外国ではそうはいきません。語学力のなさや、思い通りにできない現実に直面して、どこでも、何でも一人でできるようになりたいと痛感します。海外旅行は楽しいけれど、力試し、修行の場です。

 

文と編集の杜 ライター・編集者
ちくしともみ
ライター歴は15年ほど。スポット紹介やインタビュー、広告記事など幅ひろく執筆。海外旅行先で仕事の締め切りに追われるときもあるが、「飛行機の中では意外と原稿も時間も進むので悪くない」と思っている

文と編集の杜
読みものとつくる編集・ライティング事務所。2020年春、表現を楽しむスペース「店と催し 雨露」を事務所内に併設。京都市左京区聖護院山王町18 メタボ岡崎106
http://www. bhnomori.com

 

そこでいろいな方にインタビューして、どうして旅にでるのか聞いてみました。それがこちらの動画です!

- instagram -