cloumn

コラム

コンソメのかき氷!「氷のコンソメ 京仕立て」を使った料理が京都の12のレストランに登場。お披露目・試食会レポ(主催ネスレ日本株式会社)

7月2日(月)、「スプリングバレーブルワリー京都」(京都市中京区富小路錦上ル)にて、調味料ブランド「マギー」の「『氷のコンソメ 京仕立て』 お披露目・試食会」が開催されました。

氷のコンソメとは、かき氷やアイスクリームのように、コンソメを凍らせたもの。7月から、京都市内の12のレストランでこのコンソメを使った料理が提供されるのだそう。この日は、「伏見唐辛子とレモンの冷たいスパゲティ 魚介のラグーソース」(カーサ ビアンカ)と、「鱧と賀茂茄子の揚げ浸し 梅干しのパンナコッタ うにのコンソメジェラート」(スプリングバレーブルワリー京都)の二品を試食させていただきました。いずれも、口に運ぶと氷のコンソメが〝冷やしゃり〟! 暑さを忘れさせてくれる清涼感が広がります。この氷のコンソメを使った料理が味わえるレストランはこちらでご確認ください。

これから夏真っ盛りになる京都。この氷のコンソメのお料理で、ぐっとクールダウンできそうですね!

 

「伏見唐辛子とレモンの冷たいスパゲティ 魚介のラグーソース」。レモンの風味がコンソメで引きたてられて、爽やかでした。

「鱧と賀茂茄子の揚げ浸し 梅干しのパンナコッタ うにのコンソメジェラート」に氷のコンソメをシャリシャリ!

新料理を考案した京都イタリア料理研究会のシェフ12人も登場。料理のポイントなどについてお話がありました。

 

 

文:スタッフK/写真:スタッフS