cloumn

コラム

かざり羹にうっとり@うめぞの茶房

 

西陣は生活感があふれていて好き。くねくねとした道の両側に続く民家。その間に、昔っからここで地元の人たちのために御商売をしているんだろうなぁって感じのたたずまいの、小さな商店がぽつり、ぽつり。そんな場所に、甘味処の「うめぞの」の4店舗目、「うめぞの茶房」がオープンしています。うめぞのは昭和初期、河原町に創業した甘味処。タレがよくからむ、細い俵型のみたらし団子が代名詞です。まさに昭和!な河原町店や抹茶のパンケーキで人気の烏丸店、それから観光にも便利な清水店もあって、そこで4店舗目。
次なる展開はというと、「かざり羹」。? ちょっと耳慣れない言葉かもしれないけれど、「羹」といえば、おなじみなのは羊羹。それが「こんなにかわいくなっちゃうんだ!」ってショーケースをひと目見て感動。小さな四角や丸の上に、果物やクリームがちょこん。お味も、こしあんや抹茶に混ざって、フランボワーズ、カカオ、グレープフルーツなどなど。
私は「紅茶」とほうじ茶をチョイス(あぁ!Wでお茶になってしまった!)。ぷるんとした食感に紅茶の香り、そして優しい甘味のほっこり感。和の枠を飛び越えて、でもやっぱり和の親しみやすさはもちつつ、というのが、うめぞのさんならではかなと思います。わざわざ行くのももちろん楽しみなお店だけど、ご近所のみなさんのお茶スポットとしても、愛されていくといいな。テイクアウトもできるので、愛らしいお土産にも。