cloumn

コラム

リニューアルした「よーじや 京都ホテルオークラ店」の見学&三条店でエステ体験レポ!

京都ホテルオークラ2階の「よーじや 京都ホテルオークラ店」がリニューアル。早速見学させていただきました。

よーじやと言えば、何と言ってもあぶらとり紙が有名ですが、カフェがある店舗で味わえるカプチーノも人気ですね。いずれもトレードマークの京都の女性の顔がデザインされていて、ひと目でよーじやと分かります。店舗は、本店の花遊小路のほか、衹園や嵐山など、京都市内各地にありますが、この京都ホテルオークラ店の特徴は、スキンケア製品からコスメアイテムといった商品が並ぶ店の奥にギャラリーが併設されていて、よーじやの歴史も学べること。

↑スキンケアはもちろん、コスメアイテムもこんなに豊富。カラーには日本の伝統色の名前がつけてあります。

↑化粧筆のバリエーションも豊富でした。

↑ギャラリースペース

よーじやは、舞台化粧の販売からスタートし、1904(明治37)年に創業した老舗。その後、次々とオリジナルアイテムを開発・販売し、現在に至ります。ギャラリーには、京都で歩んだよーじやの歴史や舞台化粧などの資料を展示。なかには古い商品も。思わず「かわいい」と言ってしまう女ゴゴロをくすぐる可愛いデザインにも注目してみてくださいね。

↑1960年代のあぶらとり紙。長方形の時代もあったんですね。

 

 

また、こちらにはエステルームがあるのも特徴。

よーじやの基礎化粧品「うるおいぷらす」シリーズを使ったフェイシャルエステが受けられます(50分5500円[税抜])。地元の人はもとより、旅行で宿泊している人にもうれしいサービスですね。

実はこのエステ、別日に三条店3階のエステルームで体験してきました。

↑今回のエステで使った「うるおいぷらす」シリーズ

最初にお肌の水分量などをチェックしてから、クレンジング、リフトアップ、オイルトリートメントというコース。リラックスした雰囲気のなか、よーじや製品の使い心地を体感できます。その後、よーじやのアイテムを使ってフルメイク。カラーバリエーションの豊富なフェイスカラーの上手な使い方など、教えていただきました。フェイシャルエステは、三条店、京都ホテルオークラ店、祇園店で受けることができますよ。

 

取材協力
よーじや
URL
https://www.yojiya.co.jp/