Loading...

blog

日々のできごとやお知らせ

プロバスケットボールの試合を生で見たこと、ありますか? 

残念ながらあまりない、と思う。プロスポーツ観戦と言えば、野球かサッカー。子どもの頃はバスケットしたり、バレーをしたり、みんなしているのに、大人になるとなかなかプロの試合を見に行こうってならない…ならなかった。私も。だけど、先日雑誌「Leaf」でプロバスケットボール選手に取材させていただいたのを機に、これは生で見なくては、と思い、即実践。都合よく昔バスケットボール部員だった妹がやってきて「見よう!」と盛り上がり、チケットを取ってくれた(こういうさっさと手配してくれる人がいないと、計画が自然消滅してしまうことになるから、本当に良かった)。

見に行ったのは、4月9日(日)。滋賀県の守山市体育館で行われた滋賀レイクスターズVS琉球ゴールデンキングスの試合。名前からして強そうな琉球。琉球はB1リーグの西地区3位(執筆時点5月4日)、滋賀は6位中6位(同じく)。実際、強いのだ。

「何でもはじめはいい席で見たほうがいい」が私の信条。初見というのは、その事柄に引き続き興味が湧くかの瀬戸際。だったら、できるだけ情報をビシバシ感じられる場所がいい。今後も見るか決めるのだから。で、もし継続して見たいとなったら、2回目以降はオサイフと相談して少し後ろの方でもO.K。きっとその席でももう楽しめる私になってるから。

そういうわけで、コート際、最前列を確保。お値段は結構高く7000円ほど。おぉ。投資~。でもやっぱりここで正解。まずイスが立派。体育館にパイプイス設置を想像していた私は、「おしりが痛くなったらどうしよう」と余計な心配をしていたのだ。さらにペットボトルの水がサービスでついてきた。イスにはカップホルダーが付いていて、思ったよりリラックスできる環境。けっこう快適。だが、リラックスは禁物だ。なんせ、コートまで1mない。座っているのは、選手が走っている体育館の床と同じ面。目の前にヒザの高さくらいの仕切りがあって、その向こうはもう絶賛試合中。ちゃんと見てないと、もし選手がパスをキャッチしそこなったら、ボールが飛んでくるじゃないか!という距離(そして飛んで来たら、見事キャッチしてやろうと思って、待ち構えていた。ぶち当たる!よりはいいかと…)。

試合は順位差からは想像もしなかった白熱した接戦。抜きつ抜かれつ、まさにドキドキの展開。バスケットのコートは、いわゆる体育館サイズなので、そう広くはない。大柄の男たちがダンダンッってドリブルしながら行けば、アッという間。それが右へ左へ。ぶつかり合って倒れたり、飛ばされたり。展開が早いので、(ボールが飛んでくるかもしれないからという理由だけでなく)目が離せない。それが、とても近い。何を言っているかも分かるような距離。試合中のプロスポーツ選手に自分史上最接近。シロウトながら、ドリブルで切り込んでいく選手、3pointが得意(そうな)選手、アクロバットなプレイで魅せる選手などなど、なんとなく個性がつかめてきて、応援も力が入る。体育館は滋賀のファンが7割、琉球のファンが3割といった具合。得点が入れば、ワッと湧き上がるし、相手チームのフリースローのときにはブーイングしたりもする。一体感があってお祭りみたい。

そして同点で迎えた終盤。なんと最後の最後は残り0.4秒でフリースローを獲得して、逆転するという劇的な勝利。信じられん。初めて見た試合がこんなに面白い試合なんて! そして、ボールは最後まで飛んでこなかった。良かった。そりゃそうだ。

帰り道、「あの選手がかっこよかった」とか「うまかった」とか言いながら、「面白かったねー」と話しながら家へ。あぁなんだかいい休日。ファミリー客が多かったから、こんな光景がたくさんの家で見られると思うと、幸せな気持ちになった。スポーツってこんな贈り物をくれてるんだなって。

滋賀レイクスターズは、この試合に勝ってリーグの最下位を脱出したらしい(今はまた最下位なのかな、6位って)。初バスケットボール観戦なのに、すごいいい試合に巡り合ってしまった。もちろんまた見たいと思った。百聞は一見に如かず。次の予定は野球観戦。遊んでばっかり、に見えるけど、これも必要な経験なのだよ。楽しみは続く(ニヤリ)。

2017年春の深尾多恵子ライブ

NY在住のジャズシンガー・深尾多恵子さん。毎年春と秋に帰国し、日本でもライブを行っています。10年ほど前に知り合って以来、年に1度はライブに行っていて、昨年はNYまで押しかけて、現地でのライブを体感(その記事はこちら)。素人がいうのも大変失礼ながら、聴くたびにどんどん上手になっているのがすごいところ。これがNY仕込みの実力。そして彼女のたゆまぬ努力の賜物。いつも今回はどんな感じ?と楽しみにして出かけるのです。この春は彼女の歌を2回聴くことができました。

1回目は4月23日のびわこジャズフェスティバル。開催地の東近江市は、彼女の故郷・近江八幡市のお隣。まさにホーム! あたたかな雰囲気が満ちた会場に、ピンクのドレスで登場して歌い始めると、空気がガラリと変わって、ぐぐっとお客さんの意識が彼女のほうに引き込まれていきます。歌声はどこまでも伸びて、響いて、それでいて、しっかりと力強い。そして英語の歌詞が、物語を語るようにきれいに聞こえてくる。聴衆を引き込む力は、何度聴いても圧巻!

そしてご挨拶は「まいど!まいど!」とさすが関西人。目を細めて、にっこり笑う姿がこれまたとってもチャーミング。同年代の(実は同い年)女性として、素直に素敵だなと思うのです。

彼女が歌うのは、いわゆるジャズスタンダード。私はジャズに詳しいわけではないので分からないけど、それらはいつもきちんと彼女の歌になって、私の耳に届く。英語の歌詞がみんなに分かるように、最初に少し解説をしてくれて(もちろん歌いながら)、ちゃんと歌の世界に誘ってくれるのもうれしい工夫です。

それから最後にお客さんも一緒に歌った琵琶湖周航の歌では、なんだかじーんとなって涙があふれてしまいました。滋賀県出身なら、きっともっと感慨深いだろうな。この歌、滋賀県民はみんな歌えるのです。そういう一体感がうらやましくもありました。

そして4月28日は、京都のライブハウスRAGでのジャズ&ソウルライブ。(前半はジャズ、後半はソウルという構成)。何年か前にも同じ場所でソウルライブをやって、それがめちゃめちゃ楽しかったので、期待大!一番前の席に陣取って、お隣の方と仲良くなったりして、ノリノリで満喫。深尾さんの歌はもちろん、サックスもギターもドラムもベースもピアノも目の前。奏者の指先まで見える距離で楽しめるなんて贅沢極まりない。

スカッといい気分になって、GWへ突入できました~。深尾さんに次に会うのは秋。めっちゃ楽しみ。またNYでも雄姿を見たい!また行ってしまうかも~と悪い(?)虫がうずいてきました。えへへ。

遅い春に想う。

京都にもようやく春が来た。いつもなら3月下旬から咲き始める桜が今年満開を迎えたのは先週末あたり。花冷えの寒気がやってきて、まだ鴨川沿いも桜のピンクでいっぱい。観光の人もいっぱい。1月から忙しくて、あたふたしている間に、気が付けばもう春。あぁいつの間に。

桜を見に真如堂へ。お目当ては、春日局にゆかりのある「たてかわ桜」だったのだけど、そちらはもう終わりごろ。ザンネン。とはいえ、本堂前の桜やとなりの神社の桜は満開。春がようやくきたことの安堵感と、早く動き出さなくては、みたいな、毛虫の幼虫が土から這い出すような、不思議な焦り。春が来るのが遅かったから? なんだかとにかく焦ってしまう。二十四節季の「啓蟄」(けいちつ・冬にこもっていた虫が土からはい出る)は、今で言うと、3月5日くらい。うむむ、やっぱり出遅れてる。

本堂の裏手にまわると、小さなスズランのような花をたっぷり下げた木が。これはアセビ。馬が酔う木と書いて、アセビ。葉を食べると馬が酔ったみたいになるので、この名前になったとか。小さな花がたくさんついていて、何ともかわいらしい。桜、桜とみんながピンクを追っかけているときに、ひっそりと咲いている感じもけなげ。街中に馬酔木があったら、きっとこの子も主役になれるのに(と、なんだか不憫になったので、大きく写真をアップ)。

そして真如堂は紅葉の名所。境内にはモミジの木もたくさんある。枝の先がちょっと赤いのは、花だそう。秋には主役に躍り出るモミジさんが今は桜のわき役にまわり、主役になる準備を着々を進めているのですな。

事務所のある烏丸御池にいると、季節は気温でしか感じない。こうして歩けば、季節を目でも感じられる。こういうことを上手に表現できるようになりたいと思う、春なのです。

 

友達の子をかわいがる

東へ車で向かうのは、何年ぶりのことだろう。何年か前までは、もう少し心と時間にゆとりがあったので、夫とドライブとかも、アリだったのだけど。ふたりとも頭の中がひっちゃかめっちゃかなのか、ここ数年、そんな気持ちの余裕がなかった。

訪問先は、静岡県の友人宅。私の高校時代の同級生、さらに大学時代のバイトが同じ。私も彼女の夫も私の夫も、バイト先が同じ。つまり4人は友達。そして、2組は結婚して同じ静岡県に移り住んだ。たまたま。不思議な縁がめいっぱいある4人は、大学時代も結婚してからもよく遊んだ。

今、彼女たちには子どもが3人いる。14年前、1人目が生まれた日。予定日はまだ先で、彼女の実家に遊びに行くことになっていた。ケーキを買って、「今から行くね」って電話したときには家にいたのに、家に行ったら、彼女のお父さんが「破水して、病院に急いでいったんだよ!」って。えぇ!さっきしゃべったのに!

その数日後、病院に行ったら、男の子が生まれていた。「生まれた時は50センチだった」が夫の口癖。昨日は170㎝ぐらいになってた。信じられん。水泳に夢中で、平泳ぎの泳ぎ方を、私に解説してくれた。その解説ぶりに驚くのはもちろん、解説をしてるってことに驚いた。大きくなったなぁ。もうあと一年で、君のお母さんに私が出会った年だよ。とほほ。

長女もすぐに生まれた。2年後だったか。なにせ力強く泣く子で、もう勘弁して!って友達ながらに思うくらい、太い声で泣いてた。彼女は昨日、小学6年生にして私と同じくらいの背丈になっていた。これは予感だけど、もっと背は伸びそうな気がする。モデルさんみたいに! 昔からかわいいものが好きだったけど、髪を伸ばしてすっかりチャーミングな女の子だ。なるほど、大きくなったなぁ。

3番目はまだ小さい、小学4年生。「末っ子って落ち着いてるよね」を絵にかいたような子だと思っていた。公園で、一人で遊んでても平気だし、リビングにいても、一人でなんかしてる。ううん。前の二人と違う。昨日もスマホゲームをしていた。さすがあ。あの時の子だ。間違いないと確信。

みんなで近くのお寺でやっていたひな人形展にいった。寄贈されたひな人形が1200体もあるらしい。そこで長男が私を「ちくちゃん」と呼んだ。ちょっとドキッとした。あの子がこんなに大きくなって、私を前と同じ名前で呼ぶ!?そうか、私は、成長した彼らを見て、変わったなぁ、大きくなったなぁと思ってたけど、彼らにとっては、私は前のまま(か、少し老けた)なんだな。うれしい。

日帰りで、ビューンと行って、ビューンと帰ってきてしまった。やはり余裕のないことよと思いながら、片道高速道路を2時間半。ここ何年か、この距離を行かなかったことを少し後悔した。今年、彼女たち家族は海外赴任するのだ。ビューンと行っても、半日は軽くかかる。でも、行ってみよう。「いかがお過ごし?」って。外国に行って、たくましくなったあの子たちに会いに行くのだ。

口のなか春爛漫。

今日も雪がちらついてめちゃ寒い京都です。
先日、打ち合わせのために烏丸御池から地下鉄に乗り、五条駅に行きました。
五条通沿いのjimukinouedaビルというリノベビルに行きたかったのですが、うっかり一番南の六条側の出口から階段をあがってしまいました。
「もう、時間ぎりぎりなのに!」
と早足で東進。
東洞院あたりで北へあがったら、おまんやさんに出会いました。

京都には、お茶の席でいただくような上生菓子や干菓子を作ることから出発している、いわゆる和菓子屋(今では京土産になるような、いろんなお菓子を作っている有名店も多し)さんと
上生菓子も作るけれどもお餅(仏壇におそなえする丸い小餅をおけそくさんというみたい)やお赤飯があったり、季節のおまんじゅうを作ったりする、おまんやさんとがあります。
このおまんやさん、京都を歩いていると、ちょくちょく見つけられます。きっと昔はもっと全国のどこの街にもあったんじゃないかと思います。
だいたい店の前にショーケースがあって、その奥の工場で毎日少量を作るといった具合。
近所の人が自分のために大福とか団子とか買いに来る、そんな感じです。

そのおまんやさんの前を通ったとき、桜餅とうぐいす餅が目に入りました。きれいな淡いピンクと黄緑
この寒いのに、桜にうぐいす。春やわぁ。
思わず、すいませーん。と声をかけて、打ち合わせのお土産に購入してしまいました。

「こんなに寒いのに、もう桜餅とかあるんですね」と私が言うと、
「そやなー寒いなー」とお店のおばあさん。

「でもこれ食べたら、口のなかは春爛漫ですね!」
「そやなー。おおきに」。こうしてお土産を買っていたので、遅刻しました、と言い訳した次第です。

明日も雪なんですって?京都の冬は冷え込んでかないません。
取材で宇治に参ります。
何かいい発見があったらいいなと思います。

お問い合わせ

下記ボタンからメールでご連絡ください。

contact
contact